【夏にオススメ!】簡単!氷コーヒーの作り方

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr
Pocket
LINEで送る

毎朝起きたらコーヒーをドリップして、外の景色を眺め朝日を浴びる。

後者は全くできてませんが、一人暮らしを始めてから毎朝起きたらコーヒーをドリップする習慣がついています。

ただ!!!
30を過ぎてからコーヒーを飲むとお腹がくだる!!
そして、夜に飲むと寝付きが悪い!!!

というカフェイン中毒に陥っています。
そんなわけでちょっとだけコーヒーが残っちゃうときが多いんですよね。

「ドリップしたのはいいけど飲みきれない!!」
という方も多いのではないでしょうか?

残ったコーヒーは氷コーヒーにしちゃおう!
↑これぐらい残りませんか?

そんなときには昔ミスドにあったコーヒー氷にしちゃいましょう!
簡単にできるのでオススメですよ!

残ったコーヒーは氷コーヒーにしちゃおう!

用意するもの

・残ったコーヒー
・砂糖(ブラック派の方はなくてOK)
・製氷機(クラッシュタイプやシリコン製がオススメ。なぜなら大きいのを買って失敗したーと思ってるので)

作り方

  1. 残ったコーヒーに砂糖を入れ溶けるまでしっかり混ぜる(100mlに対して10gが目安)
  2. 製氷機で冷凍する
  3. 凍ったコーヒーに牛乳を入れればできあがり♫

製氷機がない方や、より本物に近い氷コーヒーを楽しみたい方は100円ショップに売っている薄いシール容器に入れてそのまま冷凍。
ナイフの裏側などで軽く切れ目を入れてあげると手で簡単にクラッシュできます。

残ったコーヒーは氷コーヒーにしちゃおう!

まだまだ暑い夏が続きますが、氷コーヒーで乗り切りましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKENTをフォローしよう!

Pocket
LINEで送る

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

クッキン

Posted by KENT