楽天TV(旧:楽天SHOWTIME)がオンデマンド情勢を変えるかも?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr
Pocket
LINEで送る

<7月3日追記>
予測していた通り、サービス名変更に伴うサービスが続々と追加されてます♫
60%ポイント還元にポイント◯倍+20%OFFクーポンに・・・もうなんだかお祭り騒ぎです。
登録するタイミング間違ったかな・・・笑

楽天TV

「何があろうと日曜日は家族で日曜洋画劇場を観る日とする。」

という謎の慣習があった我が家。
そんな環境で育ったからか、洋画はもちろん海外ドラマを観る習慣が未だに健在です。

昔はレンタルショップに行って「10枚◯円!」の日に大人借りしていたのですが、一本だけないとか返却日までに観れないとか返しに行くのもめんどくさいという理由で、オンデマンドサービスに依存しています。

以前はHuluのみ加入していましたが、観たい海外ドラマがある度に各種サービスを渡り歩き、現在はNetflixとdTVに加入しています。

が!!!!
どちらもシーズンの途中で終わっていたり、新しいシーズンは半年待っても有料(だいたい216円)・・・
もうね、憤慨を通り越してもう一回シーズン1から観てやろうか!!!おぉん!!!となるんですよ、これ。

楽天TVとはなんぞや?

楽天TV(旧:楽天SHOWTIME)は楽天が提供する動画配信サービスです。
有料の作品、無料の作品があり、TV、PC、タブレット、スマートフォンなど様々なデバイスで視聴可能です。

オンデマンドサービスでは海外発のNetflix、docomoのdTV、Hulu、U-NEXTの他、TSUTAYA、GEOなどがメジャーですね。
以前からあったものの楽天のサービスの中では案外地味め(いや、かなり?)なサービスで、似たようなサービス名の「Rakuten Shopping TV」の方が有名なのかも・・・笑
Rakuten Shopping TVも動画でレシピや生活に使える小技が動画で観れる他ではあまりないサービスですよ☆

さてさて、そんな楽天SHOWTIMEが7月1日から「楽天TV」として生まれ変わります。

以前から気にはなっていたんですが、全部有料なんだと思っていたんですよね。
NetflixやdTVよりも一本あたりの料金も安いし(100円〜ある)、楽天ポイントも貯まるしどうしようかなーと思っていたんですが、観たい海外ドラマのシーズンが楽天SHOWTIMEが一番安かったのと、期間限定ポイントも貯まっていたので思い切って楽天SHOWTIMEを利用してみました。

早速、楽天TV使ってみたよ

THE MENTALIST/メンタリスト

配信が途中までという理由でシーズン途中までしか観れてない作品がありすぎてどうしよう・・・となったのですが、とりあえず「見放題31日間お試し無料「購入金額の50%ポイント還元キャンペーン」「プラチナ会員20%オフクーポン」「新規登録500ポイントプレゼント」を併用して、観たかった2作品を購入してみました。

どうしても観たかったドラマは、サイモン・ベイカーが心理学を利用して犯人を追う「メンタリスト ファイナルシーズン」全話パック(13話) と、クレア・デーンズ主演のCIAが舞台となったドラマ「ホームランド/HOMELAND シーズン5」全話パック(12話)

ちなみにどちらの作品もNetflix、dTVシーズンの途中までしか配信されていません。
(dTVは有料配信+FOXチャンネルで配信してます。後述)

月額料金もちろん0円!楽天TV安っ!!!

気になるお値段を計算してみました。

通常購入

THE MENTALIST/メンタリスト:2,246円(税込)
ホームランド:1,814円(税込)
合計:4,060円

20%OFFクーポン利用

THE MENTALIST/メンタリスト:1,795円(税込)
ホームランド:1,451円(税込)
小計:3,246円

2,000円以上の購入で50%ポイント還元

THE MENTALIST/メンタリスト:897円(税込)
ホームランド:725円(税込)
小計:1,622円
+さらにさらに500ポイント付与

実質1,122円!!!!

TSUTAYAの準新作DVDが一本291円なので、1枚に2話ずつ各6枚借りたとして3,492円

その差、2,370円!!!

楽天TV安っっっ!!!
通常ポイント付与も考えるともう待ったなしですね。

ちなみにdTVでは、
メンタリスト:281円(税込)×13話+月額525円=4,178円
ホームランド:216円(税込)×12話+月額525円=3,117円
となります。

気になる使い勝手は?

オンデマンドサービスに大事だと思っているのが使い勝手。
個人的に使っていて気になる点を比較してみます。

画面の向き

動画を観るときってだいたい充電しながらだと思うので、これって結構大事だったりするんですよね。
充電器のコードの関係で向きを変えたくなるときもあると思うんです。(個人的過ぎ?)
今のところ画面の向きが変わるのはNetflixのみ。
楽天TVでも画面の向きは変わりませんでした。残念。

早送り/巻き戻しの有無

早送り巻き戻しの細やかさはすごく大事だと思っています。
「あ!ちょっと観逃した!」「え!なに!?なんだって!?なんて言った!?」
というときにちょっと戻せるは大事な機能です。

dTV:10秒単位で早送り/巻き戻し可能
Netflix:30秒巻き戻しのみ
楽天TV:10秒・60秒単位で早送り/巻き戻し可能

ほとんどのサービスは利用してきたと思いますが、10秒と60秒の早送り巻き戻し機能・・・
ちょっと感動すら覚えました。

まとめ

Netflix(スタンダードプラン:月額950円)、dTV(月額525円)、Hulu(月額933円)などそれぞれのサービスでそれなりの本数を観てる方はそれぞれのサービスで十分でしょう。

ただし、月額2,149円払えばU-NEXTの見放題プランが楽天TVでも利用できるので、U-NEXTを利用していて楽天ポイントを貯めている方は楽天TVを利用しない理由がむしろないです。

サービスが重複してしまっている方も、U-NEXTの見放題が利用できるので楽天TVを利用した方が安くなると思います。

ただ、なんといっても楽天TV無料です。
登録するだけならお金はかかりませんし、楽天ポイントも貯まります
楽天ポイントでの支払いも可能なので、楽天ポイントで払えば実質0円+αも期待できます。
月に1、2本しか観ないわ〜という方も登録さえしておけば利用できるので、レンタルショップに行く必要がなくなりますよね。

7月から「楽天TV」として生まれ変わり、サービスの拡充やポイント還元も増えると思います。
楽天TV、オススメです。

↓↓↓こちらから視聴できます↓↓↓
楽天TV

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKENTをフォローしよう!

Pocket
LINEで送る

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr