今さら聞けない北朝鮮問題についてまとめてみた

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr
Pocket
LINEで送る

北朝鮮問題。何が問題なのか。

北朝鮮がどんなところかがわかったところで、現在とりあげられている北朝鮮による核問題、ミサイル、国際問題等、要の部分だろうによくわからない問題を掘り下げてみたいと思います。

ICBM大陸間弾道ミサイルって何?

北朝鮮問題のニュースに必ず登場する「ICBM」。
全く知識のない人間からしたら「ちょっと何言ってるか・・・」ですが、ICBMは「大陸間弾道ミサイル」のことです。

弾道ミサイルの中でも「5,500km以上」の射程距離があるものが「ICBM 大陸間弾道ミサイル」と定義されています。
(アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離)

大陸間弾道ミサイル

弾道ミサイルって何?弾道?弾頭?

「弾道ミサイル」とは言うものの、「弾道ミサイル」の「弾道」とはどういうことなんでしょうか?
こちらもICBM同様、「銃弾のような軌道をを描いて飛ぶミサイル」です。

弾道ミサイル

弾道ミサイルの弾頭に核兵器などの大量破壊兵器を搭載したミサイルが、現在北朝鮮で開発され実験を繰り返されている「ICBM大陸間弾道ミサイル」ということになります。

北朝鮮はなんのためにやってるの?

北朝鮮は国連に参加せず、朝鮮戦争後からも日本でも問題になったように拉致問題や、核兵器の開発など自国の武力アピールを行ってきました。

ちょ、おま、いい加減にしてwww
まじでキチだし、チョー迷惑なんですけどwww
そんなこと繰り返すなら、一切サポとかしないからwww

隣接しているロシアや中国から物資支援はあったものの、日本はもちろん、アメリカなどから輸出入の制限などを行われてきました。

一見、北朝鮮にはなんのメリットもないように思えるミサイル開発ですが、主にアメリカに対するアピールだと言われています。

ミサイル撃たれても撃ち落せばいいんじゃない?

僕も安易にそう思っていました。そして、自衛隊とかアメリカ空軍がそれやってくれるんでしょ?と。
きっとそう思っている方も少なくないと思います。

ところが、弾道ミサイルは潜水艦発射弾道ミサイルや移動式、落下地点の予測が難しいことから「弾道ミサイルの迎撃は困難」と言われています。

北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)の恐怖

日本は世界ではじめて核兵器の被害にあった国です。(広島長崎)
また、地下鉄サリン事件など化学兵器の怖さも知っています。

弾頭にそのような化学兵器を装着したICBM(大陸間弾道ミサイル)が日本に落下することも恐怖ですが、電磁パルス攻撃(EMP)攻撃による被害によって日本は機能しなくなると言われています。

電磁パルス攻撃(EMP)攻撃

電磁パルス攻撃についてとてもわかりやすいイラストを産経ニュースさんが公開しています。

核弾頭を搭載したミサイルが日本の上空400km上で核爆発をした場合、日本の全土が機能しなくなると言われています。
電磁パルス攻撃はコンピューターなどの電子機器に影響を及ぼし、都市機能が機能しなくなるという仕組みです。

また、日本にはこの「電磁パルス攻撃に対する備えはない」と言われています。

関連リンク

日本には、電磁パルス攻撃への備えがまともに存在しない。
上空の核爆発で日本全土が機能不全に

防災士厳選の防災グッズ36点セット

次のページ:結局、日本国民は何ができるの?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKENTをフォローしよう!

Pocket
LINEで送る

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr